Reform
親も安心、子どもも安心。支え合う三世代の暮らし。

要望・こだわった点
元々実家も両親と祖父母の二世帯で暮らしていたので、キッチンが2階にもあったんです。でも次第に足腰が弱くなった祖父母が2階を使わなくなったのを見ていたので、今回水回りは全て共同に。家族の気配が感じられるようにとリビングと玄関を繋ぐ扉はガラス戸にし、さらにキッチンは対面にすることで、子どもたちを見守ることができるようになりました。
リフォームのきっかけ
実家が築30年になり、修繕が必要な時期になっていました。建て替えの案もあったのですが、専門家の方から「基礎がしっかりしているから壊すのはもったいない」というアドバイスをいただき、リフォームすることに。家には母が一人で住んでいましたが、今後のことや子供たちの成長のことも考えて同居を提案しました。母も「一緒の情が安心」といってくれたので、二世帯住宅へのリフォームを決めました。

Information

由布市 G様邸
住居形態 軽量鉄骨
築年数 30年
間取り
BEFORE
AFTER

家を建てて30年。床や窓まわりなどの修繕を考えなければいけない時期に差し掛かり、建て替えを検討していたご家族。
家にはお母様が一人暮らしをしていましたが、今後のことを考えて息子さん家族が同居を提案しました。
プロのアドバイスを受け、選んだのは三世代で暮らす家へのリフォーム。
主婦目線の嬉しいアイデアを取り入れた「ベツダイ」のリフォームにより、子どもの成長を家族で見守る、優しい家が生まれました。

BEFORE & AFTER

LDK
左:和室側
右:キッチン側

BEFORE

AFTER

和室との間の壁、キッチンの造作収納を取り払い、対面キッチンに。
広々ゆとりのある空間に生まれ変わりました。

和室

BEFORE

AFTER

二間続きだった和室の一室を洋室にリフォーム。
収納もたっぷり確保できました。

玄関

BEFORE

AFTER

家に帰ってきた家族の気配を感じられるよう、リビングの扉にガラス戸をセレクト。
自然と家族の距離も近づきます。

洗面脱衣室

BEFORE

AFTER

3世代が使う場所は収納性も重視!
お母さまや息子さん夫婦、お孫さんも使うお風呂や洗面脱衣室。
家族全員が使う場所だからこそ、収納スペースをしっかり確保しました。

浴室

BEFORE

AFTER

お母さまや息子さん夫婦、お孫さんも使うお風呂。
広々と使いやすい浴室になりました。

1F トイレ

BEFORE

AFTER

2F DK → 主寝室

BEFORE

AFTER

水廻りを1階にまとめ、主寝室に。
ウォークインクローゼットも設け、朝起きてからの動線もスムーズに。

2F 子供部屋

BEFORE

AFTER

2階の子供部屋には、扉とクローゼットを1つずつ設置。
成長に合わせて間仕切るなど、様々な使い方ができる空間に。

2F洗面

BEFORE

AFTER

階段

BEFORE

AFTER

担当者からのコメント

二世帯で暮らすイメージ作りを共に。


二世帯住宅で必要なのは、ご両親と自分の家族とが一緒に住むイメージをしっかりと持っておくこと。今回はお母様と奥様が一緒にキッチンに立つ姿をイメージして、二人ともが届きやすい高さや収納の数、パントリーの位置なども検討しました。様々な建築事例がある『ベツダイ』では、家庭のライフスタイルに合わせプランニングいたします。


リフォーム担当部長 村上 耕次

Copyright© 2019 BETSUDAI.
お問い合わせ
閉じる
PAGE TOP